私のブログです

ブラックはANAアメックスの審査に通るのかまとめ

年会費がかかってもいいから、どうしてもクレジットカードが欲しい方におすすめなのが、

 

ANAアメリカンエキスプレスカード

 

です。

 

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)といえば、高ステータスの証なんですけど。ほんとにブラックなのに通るんかいwと言われそうですが、これが審査が甘いんですよね。

 

いろんな色のアメックスのカードがありますが、そのなかでも一番審査が甘いのが、このANAアメックスカードです。

 

ただし、ANAアメックスカードは年会費がかかります。 ではここで、ANAアメックスカードの特徴をまとめてみます。

 

  • 年会費:7,560円(税込)
  • 入会ボーナスマイルあり
  • 海外旅行帰国時に無料で荷物を宅配
  • 国内の空港ラウンジに同伴者1名まで無料で入れる
  • 有料だけどポイントの有効期限をなくすことができる
  • ANAグループ便では区間基本マイルのプラス10%もらえる
  • 毎年1,000マイルがもらえる
  • 海外傷害保険付き

 

こんな感じです。

 

年会費がかかるので、払えそうもない方は他のページでご紹介するクレジットカードを選んで下さい。
アメックスのポイントをANAのマイルに移行するためには、移行手数料が6,300円(税込)かかりますので、ご注意下さい。

 

ANAのマイルを貯めたい方で、年会費がかかってもいいから、どうしてもクレジットカードが欲しい方は申し込まれるといいと思います。

年会費がかかってもいいからクレジットカードを作りたい方必見!

ブラックでも、年会費がかかってもいいからクレジットカードをどうしても欲しい方は、

 

ANAアメリカンエキスプレスカード

 

がおすすめです。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの年会費は税込み、

 

 7560円

 

です。

 

結構年会費がかかるカードなんですが、ブラックでも審査に通りやすいカードなんです。

 

2ちゃんねるでは通称穴雨と呼ばれていて、審査が甘いことで有名で、ブラックの人でも審査が通る可能性があります。

 

ちなみにうちの友人もブラックなんですが、ANAアメックスカードに突撃したら審査に通ってました。 2ちゃんねるの情報を試してやってみましたが、本当に通ったと言って喜んでました^^

 

旅好きな方はもちろん、飛行機好きな方もこれ1枚で、空港のチェックインカウンターやチェックインをしなくても、直接保安検査場にいけるので便利です。

 

またANAアメックスカードは、ANAグループのマイル積算対象運賃で搭乗した場合、

 

通常のマイル+10%

 

のマイルが上乗せされます。

 

また、保安検査場でもらえる搭乗券などとANAアメックスカードを見せると、空港ラウンジにも入れます。

 

他のカードはゴールドカード以上じゃないと、空港ラウンジには入れないんですが、ANAアメックスカードは普通のカードでも空港ラウンジに入れちゃうんです。

 

しかも、同伴者1名も無料で空港ラウンジに入れちゃうので、友だちや家族と一緒に搭乗口の堅い椅子で待つよりも快適に過ごせます。

 

さらにさらに、ANAアメックスカードの回しもんみたいになってますが(笑)海外旅行から帰国時限定なんですが、1人スーツケース1個まで無料で自宅まで届けてくれるサービスも付いています。

 

成田、関空、セントレア(中部)限定なんですが、海外旅行から帰ってきた時はお土産がいっぱいで帰るのが大変なので、ありがたいサービスです。

 

ANAマイレージクラブカードはもっているけど、ANAカードを持っていない方や、よく飛行機に乗る方は、結構マイルが貯まりますので、切り替えてみてもいいと思います。

 

 

ANAアメックスカードのデメリットですが、アメックスカードということで、どうしてもVISAやJCBカードに比べると敬遠しがちになるということです。

 

最近はアメックスカードはどこでも使えるようになってきましたし、近くのスーパーだとアメックスは使えるのに、マスターカードが使えないとかよくわからない状況になっていて、日本国内でどこでも使えるようになっています。

 

もちろんクレヒスも貯まりますので、審査に通りやすいANAアメックスカードを使ってクレヒスを積んで、自分の欲しいクレジットカードをゲットしましょう。